江戸の歴史の中で

泰平な世の中が始まる江戸の歴史の中で、日本刀は、美術品として扱われ、本来の武器としての価値は、遠のいて行く様子が、伝書などにも現れているようです。現代においても、刀剣を鑑賞する際のガイドブックなどには、その体系敵な分類た、ジャンル分けなどが事細かにされておりますが、江戸時代の伝書にも、明確に刀剣の分類分けなどが確認されてもいるようです。それまでの時代は、刀剣の切れ味などを事細かく記載している事をが主体であったようですので、時代の中で日本刀の価値が、大きな変革をもたらされたと考えても良いのではないでしょうか。各時代には刀剣の目利き役として主に活躍した人々がいるようです。それぞれの活躍は伝承などとして残されているようですが、江戸時代に入ると世の中が安泰な暮らしとして、人々が合戦を強いられることがなくなることから、政治的安定の中で、社会的な教養を得る武士たちの中には、競うように刀剣の鑑定を重んじる中に、刀剣の伝統をを敬う考えが生まれ始めたのではないかとも憶測されているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です