命を預けるもの「刀剣」

歴史の中で日本刀は、悪霊を払うなどとも考えられていたようです。歴史の中に登場する名刀などに残されるストーリーとしては、刀剣が人々の手に渡ることによって、災いが起きたり、また、人々を悪霊から守ってくれたりするようなことが多く描かれています。持つ人によっては悪い剣ともなり、また神様のように人々を悪しきものから守ってくれたりもするようです。日本刀には、そのような力があると多くの人々は信じていたのではないでしょうか。また、日本刀のルーツや製造においては、未だ謎多き部分が残されてもいるようです。古墳時代にも、人々が刀剣を生活の中において使用していたことは、その出土される遺品からも分かるようです。現代において刀剣類を用いることは、実際に生活の中ではありませんが、日本刀は武器としても用いられ、また祭事などにおいて神々にお納めするものとしても取り扱えるられてきました。合戦などにおいて、功績を上げた家臣たちへの褒美として与える武将たちも多くいたようです。刀の価値は、時代によって異なりますが、人々にとって大切なシンボルや象徴として扱われてきたことは古き時代から伝えられてくる名刀たちの存在によって、現代の私たちにも窺い知ることができます。時代によっては、武士の階級だけが、刀を持てていた時代なのどもあったようです。刀とは、実際に戦いの場では、自分自身の命を預けるものとなり、相手の命を奪うかもしれないものだったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です