日本刀

古来から、日本刀は武士道の象徴としてかんがえられてきており、その存在を今見掛けることはなくなったとしても、日本人の心の中にずっと根付いている深層文化であると考える人は多いのかもしれません。近年では外国人観光客も増えており、そのような人々もサムライに代表される日本の武士道としての日本刀の文化に傾倒している人は存外おおいのではないかと推察されるわけです。日本刀には非常に長い歴史があることは皆さんもご存じであるとは思いますが、本来は武士のみが持つことを許された刀の一振りであったということを知らない人もいないのではないでしょうか?当然、かつての戦国自体などの群雄割拠の時代においては、力が政治を決めるという流れが強かったために、戦などを通じて互いの戦力を測りあっていたわけです。そのような中で、日本刀はまさに中心的な役割をしていたということはまちがいないといえるのではないでしょうか?具体的に言ってしまえば、日本刀とよばれる伝統的な刀と、それを用いた刀術の研鑽こそが当時の人々、とりわけ武士の生きる道であった時代が確かにあったということは確実に言えるわけですね。多くの場合、刀は人を切るためにもちいられることもおおかったわけですが、実際のところ、このようなものだけではなく、自分自身を研鑽して磨くためにこれを用いているという人も多かったということは確実に言えるのではないかと考えられるわけですね。あまりにも複雑化した後代の社会においては、階級が士農工商だけに分けることができなくなり、それぞれのパワーバランスも崩壊してしまった結果、日本刀に見られる武士文化は衰退の一途をたどってしまったことは歴史を見れば明らかなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です