日本刀について知ろう

現代、普通に生活していて日本刀に触れ合う機会はあまりないかと思いますが、日本人であれば誰でも日本刀の存在は知っていますよね。歴史の授業でも習うので、小学生でも知っていますし、刀というものは戦隊モノのヒーローやアニメなどでも使用している場面がり、未就学児でもおもちゃの刀を持って遊ぶ姿が日本ではよくみられます。それはど、日本には「刀」という存在が昔から継承されていることがわかると思います。
一言に日本刀と言っても様々な形、素材があり、その種類はとても多いのです。また、刀の役割も、武器であったり、インテリアであったり、歴史を語り継ぐ道具であったりと様々な役割を持ちます。
日本の歴史を語る上で、戦は欠かせませんが、その戦の歴史を語るには、刀が欠かせません。江戸時代に貿易により鉄砲が輸入されるまでは日本の武器は刀でした。刀が武器ではなくなると次は芸術品や美の象徴として受け継がれていくようになりました。
つまり日本人にとって刀は権威の象徴であり、美でもありました。日本刀の形は時の流れ、時代の移り変わりによって様々な姿に変わっていきました。その時代の日本人の姿や状況を映し出していると言えるでしょう。
しかし、先述した通り、現代の日本人にとって、日本刀と触れ合う機会はほとんどない環境になっています。聞いたことはあるけれど本物は見たことはないという方もいるかと思います。現代人にとって、日本刀は実は謎に満ちた存在になってきているでしょう。日本刀を知ることは、日本の歴史、日本自体を知ることにつながるので、ぜひ、日本刀の魅力について学んでみましょう。日本刀の魅力を知ることで、日本の魅力を知ることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です