日本刀のいろいろ

「日本刀」と一口に言っても、実はこの呼び方は、日本で作られた刀や剣など全部を呼ぶ呼び方であり、種別に記すと「太刀」「刀」「脇差」「短刀」などに分類することができるでしょう。各日本刀の定義や特徴を見ていきましょう。「太刀」は、長さが約60センチメートル以上あるものとされており、断ち切りやすさや、馬に乗っている状態でも素早く抜刀できるというような実用的な着眼点より、刀身を曲げたものをよく目にするのではないでしょうか。儀式や祭典というように、正装での儀礼の際にも「装飾品」としても使われていたようで、長さが規定に満たない太刀は「小太刀」と呼ばれていたようです。古代に見られる「直刀」も同じ読み方のため、漢字で「大刀」と書いて区別していると言われています。「刀」の長さも約60センチメートル以上と言われており、こちらは、室町時代の後期から主流になったと言われているようです。刃を上にして腰に差すスタイルが一般的であるようですが、太刀に比べて反りが弱いのが特徴と言えるのではないでしょうか。「脇差」は、約30センチメートル以上60センチメートル未満のものを指しているようで、それに満たない長さのものは「小脇差」と呼ばれていたようです。「短刀」は、長さが30センチメートルに満たないものを指したとされており、反りのほとんどない刃を上にして腰に差したと言われています。以上が日本刀の一般的な分類と特徴と言われていますが、上に挙げた刀剣以外にも「剣」と呼ばれる、反りのない両刃の刀剣が古墳時代にはあったと言われているようです。また、長い柄につけて使用されていた片刃の「長刀 」や「長巻」、更に長い柄に、両刃の穂を差し込んで使用された「槍」や、長い柄に両刃の穂をかぶせて使用された「矛」などというものも、大きく日本刀として知られているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です