一期一振

豊臣秀吉(とよとみひでよし)は、無類の名刀収集家だったという説がある。しかし、剣術・武勇に格段に秀でていたという言い伝えはあまり耳にしない。知略と政治力が秀吉の最大の武器だった。

明智光秀(あけちみつひで)によって起こされた本能寺の変で倒れた織田信長の後を受け継ぎ、天下統一を成し遂げた秀吉のもとには数々の名刀が献上されたが、秀吉はこれらを人斬りの道具として珍重したのではなく、権威の象徴と考えていた。 しかし、秀吉が収集した日本刀の多くは、大坂城の落城とともに焼けてしまった。 徳川家康(とくがわいえやす)はこれを惜しみ、焼身(やけみ…熱を受けて刃文がなくなってしまった状態)となった名刀を集め、再刃(さいば…再び焼き入れして刃文を付け直す)した。再び命を与えられた名刀たちは、こうして徳川家に伝わり、御物(ぎょぶつ)や国宝、重要文化財となっている。

古今の名刀を集めた秀吉が特に愛蔵したのが、「一期一振(いちごひとふり)」の異名を持つ「吉光(よしみつ)」だ。鎌倉時代初期に活躍した山城(やましろ)国(京都府南部)の刀匠・栗田口藤四郎吉光(あわたぐちとうしろうよしみつ)の太刀である。吉光は短刀製作の名手であり、この一期一振だけが、世に出たただ一振りの太刀ということで、この名が付けられた。とはいえ、本当に一振りしか作らなかったわけではなく、吉光作の最高峰の太刀とみなされ、この異名が付けられたといわれている。 刃長(じんちょう)は二尺二寸七分(約68,8cm) と短いが、これは、秀吉が小柄な体格に合わせて磨り上げたためで、もともとは二尺八寸三分(約85,7cm)あったとされる。これほどの名刀をあえて短くし、扱いやすくするとは、武芸とは縁の薄い秀吉にしてみれば不思議な話であるが、自分の権威を象徴する名刀だからこそ、自分の身の丈に合ったものを佩用(はいよう)し、堂々たる風格を見せつけたかったのだろうか。

現在は、御物として宮内庁に保管されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です